新校周辺の様子(その2)

新校の周辺には、専門機関がいろいろとあります。先日ご挨拶させていただいた2つの施設を紹介します。

医療型障害児入所施設  カリヨンの杜

新校からもひときわ目立つ建物です。赤い屋根が印象的で、とてもおしゃれな建物の中は、光あふれる明るい空間で、心が自然と落ち着くように感じました。

平成30年に開設し、重度の心身障害があって、日常的に医療ケアを必要とするお子さんが入所し、必要に応じて介護や療育を提供できる施設とのことです。

カリヨンはラテン語由来の鐘のことで、埼玉県立小児医療センターがこの地にあった時、鐘楼に設けられた鐘の美しいハーモニーが時を告げ、心を和ませ、子供たちを守ってきた、そういったことを引き継いだとのことでした。

令和5年度開校予定の県東部地域特別支援学校(仮称)もそのような地域の思いを引き継げる学校にしたいと思います。

 

人間総合科学大学 蓮田キャンパス

新校のすぐ近隣にある大学です。緑豊かな環境にある美しい大学校舎です。

蓮田キャンパスは、社会人の生涯学習を支援する通信教育課程の心身健康科学科と、管理栄養士・栄養士をめざす通学課程の健康栄養学科、ヘルスフードサイエンス学科の3学科があるとのことです。学生たちは、国家資格である管理栄養士資格の取得を目指したり、食品開発を学んだり、熱心に勉強されているようです。

さいたま市、蓮田市との包括連携協定を結ぶなど、地域貢献にも力を入れられているようです。

新校も地域との連携を重視した学校にしたいと考えています。

 

 

 

 

キャンパス内にある鐘は、13時に美しい音を響かせます。